制汗剤で手汗を抑える!手汗の仕組みと対策

自分の体を好きになる!手汗の仕組みと対策

男女ともに体のことで様々な悩みをかかえてらっしゃる方が多いと思います。
そのなかで汗の悩みというのはとてもやっかいで難しい問題だと思います。
ところで私たちが普段かく汗にはいくつかの種類があることをご存知でしょうか?

例えば運動や気温が暑いときにかく汗。
これは温熱性発汗といわれ上がりすぎた体の体温下げるために行われる体のシステムです。
ほかにも味覚性発汗などの発汗作用があります。
今回はこの様々な発汗作用のうちの精神性発汗について説明ならびに対策方法を紹介しようと思います。

精神的な刺激や興奮などから起こっている手汗

緊張して精神性発汗が起こる場面
まずこの精神性発汗がどのような体の部位に影響をおよぼすのかというとこから説明していきたいと思います。
本来人間の体というのは刺激や精神的興奮が脳に伝えられ、その刺激や興奮の種類によって電気信号を体のかく部位に伝えられます。
そして今回のテーマである精神性発汗というのうは精神的刺激、つまり緊張や興奮といった刺激が脳にあたえられたときに起こります。
脳これらの刺激をうけると人間の手の部位に電気信号が送られます。
こうすることによってわれわれ人間は手汗をかきます。
たくさんの方が手汗で悩んでいることがあると思います。
そしてその悩みは精神的な刺激や興奮などから起こっているといえます。
こうした生理的な現象を自らの力で制限することはとても難しいことです。
しかし、だからといって手汗を止める手段がないわけではありません。
その解決策のひとつとしては人間の人体の仕組みとして脳からの電気信号を伝える機能を遮断してしまうことです。
しかし、これには手術が必要になりさらに手への電気信号を遮断したことによって他の部位に信号が伝わりその文にだけ過剰に汗をかいてしまいます。
じゃあどうすればいいのか、今回のテーマの肝ともいえる手汗の対策方法ですが、私たちでも手軽に手に入れることのできるあるもので簡単に解決することができます。

制汗剤で汗を分泌する腺の機能を抑える

制汗剤で汗を分泌する腺の機能を抑える
この制汗剤には人の体の内部にある汗を分泌する腺の機能を抑える効果があります。
しかしこの腺には種類があり市販で売られてる制汗剤では脇や首などの温熱性発汗する部位の腺にしか効果がなく手汗には効きませんでした。
そこで開発されたのが手に発汗をもたらすエクリン腺に効果がある制汗剤です。
パウダーやローションタイプにクリームなど、手汗専用の制汗剤までありその種類も豊富です。
そういった専門的に研究された商品の使用も試してみてはいかがでしょう。
お値段は安いものから高いものまでありますが高ければいいというものではないと思います。
手につかう制汗剤はクリームのものが多く肌にとてもなじませて使います。
なので実際に使ってみて自分の肌との相性を確かめて使うことをお勧めします。
最近ではこの手汗クリームを知ってる人も多く実際に使ってみたという人の感想をきいてもかなりいいという感想が多くぜひ一度は試してみる価値があると私は思います!
もちろんクリームなんかにたよらず根本的に解決したいという方もいらっしゃると思いますので、病院にいって医師の方に相談してみることも手汗の悩みと向き合ういい方法だと思います。

ベビーパウダーを塗る

ベビーパウダーを手に塗る様子
ベビーパウダーは汗疹の予防などのために塗り、汗を吸ってくれてサラサラとした肌にしてくれる効果がある粉で、ドラックストアなどで簡単に手に入れることができます。
汗をかきそうで予防する時も、汗をかいてしまったあとでもベビーパウダーが汗を吸収してくれるし、塗った瞬間からサラサラになる即効性も魅力です。
ベビーパウダーは香料ではない優しい匂いもするので、匂いで心を落ちつかせることもできます。
しかし、塗りすぎると触ったものも白く粉がついてしまうので、薄く塗ることを小まめに繰り返す必要があります。
手汗は人に気軽に打ち明けることができない悩みではありますが、しっかり予防をすることである程度緩和できます。
しかし、一番の予防方法はあまり気にしすぎないということが、精神的にも落ち着いて物事に対処できる一番良い方法ではないかと思います。

手汗問題の解消をあきらめないで!人気ケアグッズランキングTOPへ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*