今すぐできる!!簡単手汗の予防方法とは

簡単にできる手汗の予防方法とは。

知らない間にも汗はかくものです。
汗をかいた時に気がつければ良いですが、気がつけなかった場合、恥ずかしい思いをすることがあります。

特に手汗の場合は、においはないものの、手を繋いだ瞬間やすれ違いざまにぶつかったりした時に恥ずかしい思いをするのです。
こういった思いをしないようにするには、あらかじめ手汗をかかないように予防しておくことが大切です。

熱くなることをしないこと

暑くならないイメージ
夏なら冷房の効いた場所にいるようにしましょう。
冬なら厚着のしすぎをしないように気をつけて、できる限り脱ぎ着できる服装にしましょう。
暑くしすぎることや激しい食事は控えましょう。
ただ、運動をすれば汗をかいてしまうものです。
その日の目的が運動系のことであれば仕方はありませんが、そうでなければ時間に余裕をもった行動を心がけて、運動量を減らしましょう。
つまり、1つ1つの動作をゆっくりにすることで汗をかかなくするのです。
食事に関しても、食べると体が熱くなって汗をかいてしまいます。
一度にたくさん食べたり急いで食べたりすることはやめましょう。
食べる時はゆっくり、小分けにして食べるのです。
他のおすすめの予防方法は、手をできる限り広げておくようにすることです。
手に何かが触れればそこに熱が発生して汗をかきますし、触れていなければ風を通して更に汗をかきにくくなるのです。
そのためにまずは荷物を手で持たずにすむように工夫する必要があります。
ショルダーバッグやリュックを使えば手を使わずに済みます。
買い物をして手がふさがることがないように、肩にかけられるエコバッグを持ち歩くようにすると尚良いでしょう。
また、汗をかきやすいのは指と指の間です。
ですから意識して指と指の間を広げて歩くようにすることが大切です。

こまめに手を洗うこと

こまめに手を洗う女性
いつ汗をかいたかわからない手汗ですから、汗をかいたかいていないは関係なく、普段から頻繁にお手洗いへ行く習慣をつけておきましょう。
仮に汗をかいていても流せますし、かいていなかったとしても、かきそうな直前で洗い流せば、またしばらくはかかなくて済むようになりますよ。
お手洗いがすぐに見つからない場所に行っている場合は、ハンカチを持ち歩くようにしましょう。
ハンカチで拭くだけでも何もしないよりマシです。
またもちろん、お手洗いで手も洗うし、ハンカチでも手を拭くようにもする…という方法が一番良いですよ。
誰かと歩いていてお手洗いへ行きづらい時にはハンカチを使って汗を拭うこともできます。
大切な人とにお出かけで恥ずかしい思いをしないように、今ご紹介した方法を普段からうまく取り入れて生活してみてください。
意識すれば誰でもできるようなことばかりですよ。
普段の生活に取り入れておくことで、大切な時にも焦らずに自然とパッとその方法を使うことがでにますよ。

手汗は効率的に解消する!!人気ケアグッズランキングTOPへ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*